テーマパーク口コミガイド

遊園地やテーマパークの口コミ体験談まとめとなります

ディズニーシーは赤ちゃんと一緒でも楽しめるアトラクションが豊富です

スプラッシュ・マウンテンはスリルとストーリーのバランスが良い

ディズニーランドではスプラッシュ・マウンテン、ディズニーシーではタートル・トークがおすすめです。

スプラッシュマウンテンは、丸太のボートに乗って急流下りをする、スリルのあるアトラクションです。私の小さな頃からありますが、このアトラクションは身長制限がないため身長の低い子供の私でも乗ることができました。

スリルだけならスペース・マウンテンやビックサンダー。マウンテンもありますが、それらのアトラクションとの大きな違いは、ストーリー性です。このアトラクションは、ラストの滝つぼに落下するまでに、可愛いキャラクターが大勢出てきて、きちんとストーリーを説明してくれるのです。

キャラクターもですが、その他の置物などもとっても可愛いです。キャラの家の前などに飾られているどんぐりの形をしたランプなんて、園内に売っていないか探したくらいです。スリルとストーリー展開の両方が兼ね備わり、そのバランスも良いので本当に楽しめます。

もちろん並んでいる最中も素晴らしい。局所に物語やこれから起こる展開を教えてくれるキャラが出てきます。しかも並ぶ列は屋内。そのため、ただ並ぶアトラクションよりも退屈せずに、雨風をしのいで暖かい場所で待っていられます。

タートル・トークはディズニー初の参加型シアター

タートル・トークは、シーに最近できたシアター型のアトラクションですが、年齢制限がなく親子の姿が目立ちます。この他、マジックランプシアターやマーメイドラグーンシアターなど、赤ちゃんと一緒でも楽しめるアトラクションが豊富ですが、中でも群を抜いて感動したのが、このタートル・トークです。

まず最初の案内人の説明が面白い。ある場面で相当の早口を披露してくれるのですが、いつ聞いてもその速さに本当に感心してしまいます。劇団の方なのでしょうか…一見の価値ありです。

そして、案内が終わると登場するウミガメのクラッシュも見ものです。毎回話す内容が違ううえ、こちらを指名して一対一でお話ししてくれます。指名する際には「前から何列目の右から何番目のメガネの彼!」みたいに具体的です。

一体どこにカメラがあるかもわからなくて、なおかつこのような参加型シアターは国内ディズニーでは初めてのはず。本当にびっくりしました。何よりこのクラッシュ、「滑らない話」が本当に得意で毎回笑わせてくれます。小さい子のほうがクラッシュとお話しできるチャンスが多いので、ぜひご家族で行くのがおすすめです。

ディズニーの魅力は、老若男女問わず楽しめるところや、スタッフの教育が徹底しているところです。いつだって行けば絶対に楽しくて笑顔で帰れる(本当は帰りたくないくらいに)ところなので、これからも何度でも訪れたい場所です。