テーマパーク口コミガイド

遊園地やテーマパークの口コミ体験談まとめとなります

子供の頃味わった感動が大人になると2倍になる

ストーリー性と造りにディズニーらしさが

スリルだけならディズニーシーの「センターオブジアース」ですが、ビッグサンダーマウンテンやスプラッシュマウンテンは、そのストーリー性と造りにディズニーらしさをより感じられます。また、ホーンテッドマンション、タワーオブテラーも他にない精巧な演出とスリルたっぷりでなところが大好きです。

決して、チケット代を損した気分にならない魅力が、ディズニーランドにはあります。それは、スタッフの完璧で好印象な対応や、園内の清潔やセキュリティが徹底して守られているからです。

いつ訪れても四季折々の草花や、エリアに合った植物の管理がされており、本当に昔のアメリカや、ジャングルに来たような気持ちにさせ、アラが一切見つからず、どこまでも「プロの仕事」なのが魅力です。

こういう事は他の遊園地に一番欠けている部分で、正直ぼったくられてる気分のまま帰るのがお決まりです。私の幼少時代はそんな思い出があり、ディズニーランドが開園して初めて行った小学5年生当時の感動は凄いものがありました。

違う見方ができるのがディズニーシーの魅力

本当に「夢の国」そのものに感じ、見るもの、聴くもの全てが新鮮で輝いており、おおげさでは決してなく一生帰りたくないと願ったものです。その思いは、あくまで子供だったからかなと、訪れる度に気持ちを冷静にしてみたりして自分と対話するのですが、やっぱり変わりません。

昔味わった感動は、慣れて薄れた部分がありそうなものですが、30年前の園内のなにげない道やアトラクションが、当時見たままの姿なのは、感動します。子供のころとは違う見方が出来て、そこでも感動するので大人になると1+1で2倍の感動を味わっています。

違う見方ができる例として、ディズニーシーでは、レストランでお酒が楽しめます。気軽な立ち飲みスタイルのビールから、コース料理に合わせた一流ワインや、バーテンダーが一杯ずつ作ってくれるカクテルのバーまであるのです。本当に奥深い楽しみ方ができるようになったので、よりディズニーの夢の世界に溶け込めてる感覚があって嬉しくなります。

ディズニーランドの、可愛くて甘いアイスクリームやアリスのケーキもいいですが、「本当は怖いグリム童話」にもあるように、おとぎの世界には恐ろしい側面もある、という事に代表される「光と影」をよりはっきり表現しています。そんなところが、ディズニーシーの魅力だと思います。