テーマパーク口コミガイド

遊園地やテーマパークの口コミ体験談まとめとなります

「ジャングルクルーズ」はガイド役スタッフのトークが面白い

一人漫才を見る感覚で笑いあえる

ディズニーランドのジャングルクルーズが好きです。最初に乗った時には、まるでジャングルに来たかのような感覚になれるところが、好きだったのですが、何回も乗っているうちに、ガイド役の人によって話す内容やトーンの違いがあることに気がついて、その話に面白さを感じるようになりました。

ただ、単純にガイドをするだけではなく、自分なりのオリジナリティーでガイドをしてくれます。民族がやりをもって狙ってくるシーンでは、「お子さんがいる方は体を張って助けてあげてください」、など気の利いた一言があったり、動物が現れるシーンでは、「左側にワニが来ています!実は右側でした」といった、ユニークなガイドがあります。

熱く語るガイドもいれば、冷静沈着に、「この先は危険が迫っていますが、私は今日で10回目ですので、皆様にしか危険が及びません」などとシュールな笑いを届けてくれたりして、ジャングルの魅力よりもガイドの魅力にはまってしまいました。

待ち時間がそんなにないことを考えると、ディズニーランドに行った際には最低でも2回は乗ってしまうアトラクションです。ガイドの軽妙なトークを家族で楽しむことができる、小学生ぐらいのお子様のいる家族だと楽しさが分かると思います。また、一人漫才を見る感覚で笑いあえるところもあるので、カップルなどで乗ることもおすすめです。

ディズニーに行く準備をするのも魅力の一つ

当然のことながら、普段の生活では、ダッフィーを持って歩いたり、ミッキーの耳を付けて歩くことなどできないのですが、ディズニーに来た時だけは、そんなおちゃめな姿も許されます。

また、普通の遊園地では見られないショーやイベントなども魅力的です。アトラクションに乗るだけではなく、パレードを見るだけでもディズニーに来る価値はあると思います。

さらには、ディズニーに行く準備をするのも魅力の一つです。家族みんなで、事前にどのアトラクションに乗るかを考えたり、お土産をどうするかを考えたり、どのショーを見て、どれくらい並ぶ時間があるかなどの計画を立てる過程で、みんなで相談するところにも楽しさを感じます。

1日だけではすべて見て回れないので、また行きたくなるというところにも、後を引く感覚をもたされます。なかなか行くことができませんが、どこにでもあるような場所ではないこと、ミッキーやミニー、ダッフィーなど、写真やテレビでしか見ることのできないキャラクターに会えることも子供たちにとっては魅力があるのではないかと思います。