読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テーマパーク口コミガイド

遊園地やテーマパークの口コミ体験談まとめとなります

東京ディズニーランドのキャプテンEOは音楽やミュージカル好きでおすすめ

東京ディズニーランド

マイケル好きな友人と一緒に

キャプテンEO」がおすすめです。初めてお目見えした時から何回か観に行っています。マイケル・ジャクソンが好きな友人がいるため、よくその友人と一緒に行き、1日に2度観たこともあります。

マイケルが大好きなので、もしTDLに行って、これを観るだけで帰ってきたとしても大満足ですが、それだけではありません。ストーリーや音楽すべて素晴らしいのです。もちろん、3Dの迫力も昔の作品とは思えないほど。良く出来ています。

それまでも3D映像は何本か上映されていましたが、博覧会でやるようなものがほとんど。ただ景色が流れるだけだったり。これだけ豪華キャスト、スタッフで、ストーリーとしても良く出来ているものはほかにはなかったので、初めて観た時は衝撃でした。

この頃のマイケルは、とにかく美しく、マイケルの顔が大映しになるたびに、友人とふたり「美しい~」という声を漏らしていました。

歌も踊りも最高です

悪の女王を演じているのが、アンジェリカ・ヒューストン。これだけでも驚きですが、監督はあのフランシス・フォード・コッポラ、そして製作総指揮はジョージ・ルーカスという豪華過ぎる顔ぶれです。ハリウッドの大作映画にも負けていません。

隕石が飛んできたり、宇宙船が迫ってくるたびに、思わずキャーキャー叫んでしまいます。このアトラクションが始まったばかりの頃は、3Dがまだまだ珍しい時代だったので、今よりもずっとインパクトがあったと思います。アバターどころの騒ぎではありません。

もちろんマイケルですから、歌も踊りも最高です。このシーンを観るだけでも価値があると思います。短い時間ながらマイケルのダンスシーンは見応えがあります。歌い、踊り、敵を次々と味方に変えてしまうマイケルにウットリです。

スター・ウォーズと違うところは、敵を殺し、ねじ伏せて戦いが終わるのではなく、ダークサイドにいるものたちをマイケルが魔法で救い、平和な世界が訪れて終わりとなります。夢の国ディズニーらしいストーリーです。

キャプテンEOが始まったばかりのときは、マイケル・ジャクソンの絶頂期。人気のアトラクションで、待ち時間も長かったのです。その後だんだん待ち時間は短くなりましたが、いつも私の一番好きなアトラクションであることに変わりはありませんでした。

門をくぐった瞬間から、やっぱりスゴイ

キャプテンEOは、1990年代後半に一旦終了してしまいましたが、マイケルの死後、また復活しました。「THIS IS IT」でマイケルを知らなかった世代が、マイケルの凄さを知り、このアトラクションにも訪れるようになったのかもしれません。ファンとしては嬉しい限りです。

マイケルファンはもちろんですが、音楽やミュージカルが好きな方にもおすすめです。SF好きの人が観ても面白いと思います。TDLの中で、一番大人向けかもしれません。でも3Dですから、いろんなものが、こちらに飛んできたりヒヤヒヤする楽しさもあります。子どもでも楽しめるはず。

ディズニーランドの門をくぐった瞬間から、待ち時間を含め、ここまで徹底してエンタテイメントというのは、やっぱりスゴイの一言です。隅から隅まで「おもてなし」の精神に溢れているので、ずっと楽しく気分良く過ごせます。子どもが小さい頃、よくディズニービデオを観ていました。

TDLのアトラクションは、スプラッシュ・マウンテンにしろ、イッツ・ア・スモールワールドにしろすべて、自分がその映画の中に入り込んだような楽しさがあります。大人にとっても童心に帰れる、おとぎの国だと思います。