テーマパーク口コミガイド

遊園地やテーマパークの口コミ体験談まとめとなります

ハウステンボスの「光の王国」を思う存分楽しむことができました

高い塔「ドムトールン」の展望室から園全体を見渡せます

「世界最大級」とも評され、人気の高いイルミネーション、「光の王国」を思う存分楽しむことができました。日が暮れて薄暗くなってくる頃から、園内中がイルミネーションの光に包まれ始めました。すっかり日が落ちて真っ暗になると、さらにイルミネーションが際立ちました。

園内にある「ドムトールン」という高い塔の上にある展望室から、ハウステンボスの園全体を見渡すことができます。チケットによっては無料で展望室に入ることができるので、暗くなってからぜひ上ってみることをおすすめします。

私たち家族は1月末の平日に行ったので、園内はとてもすいていて、夜の時間にドムトールンに上るためのエスカレーターも、展望室もあまり混み合っていませんでしたが、週末や連休などはかなり混み合うと思います。

ベビーカーや車いすの貸し出しもあります

イルミネーションの素敵な雰囲気を楽しみたいカップルにはもちろん、私たちのような小さい子ども連れの家族、またどんな年齢層の方にもおすすめできるイベントだと感じました。

実際、日中の園内はガラガラでしたが、夕方日が暮れる前の時間帯から、来園する人がだんだんと増えてきました。若い年代だけではなく、中高年の方たちも気軽に来園している雰囲気でした。

園内はとても広いのですが、ベビーカーや車いすの貸出もあるので、ブランケットやストールなどを必ず持参し、寒さ対策だけしっかりすれば、小さな子どもや年配の方でもイルミネーションを楽しむことができます。

佐世保バーガーやちゃんぽんなどのご当地メニューも楽しめる

今回初めてハウステンボスに行きました。一時期は経営が危ぶまれるほど入園者数も減っていたようですが、経営が変わってアニメのワンピースのアトラクションなども入ったりして、アトラクションの数やジャンルが増えたことから、また来園者数は増えているようです。

今回のように、アトラクションそのものをたくさん楽しむというより、園内の雰囲気やイルミネーション、プロジェクションマッピング、日中も夜も定期的に行なわれているイベントなどを楽しむことを目的として行くこともおすすめです。

ハウステンボスは、園内がとても広く、いくつかのテーマゾーンごとに別れていて、それぞれのゾーンの雰囲気が全く違っています。それぞれの街並みを見ながら石畳の道を歩くだけでも、外国に来たような雰囲気を満喫できます。

レストランやショップも充実しているので、チーズやソーセージの食べ歩き、また佐世保バーガーレモンステーキ、ちゃんぽんなどの長崎や佐世保のご当地メニューを楽しむ、という方法もあります。

また、クルーザーに乗ってイルミネーションや夜景を楽しむこともできました。1日半たっぷり滞在して、全然飽きなかったので、ぜひまた家族で訪れたいと思っています。